お願い(仮題)


 

 

 面倒臭いことが大嫌いなぼくの友だち。

 自分でも柄じゃないけど、なんてことを言う。そうだね、本当にそうだと思うよ。だけどそんなきみが好きだから、ぼくはきみのお願いを叶えてあげようって思うんだ。

 

 

 

 

 

 ※※※

 

 

 王国の西隣・皇国から更に西にある小さな国、共和国。

 小国ながら独立を保っていられるのは、魔術に強いからだ。開祖がその身を犠牲にして、国民の誰もが簡易に魔術が使えるようにした。共和国の人間にとって「向こう側」は他国よりも身近なところにある。

 そのため「向こう側」に関する研究がどこよりも盛んで、他国から学びに来るものも多い。

 その象徴が通称「学院」である。

 

 

 レイリーは出かかった欠伸をかみ殺した。

 バレないはずだったが目ざとく気付いた教師が眉を顰めた。すいません、と心にもない謝罪と一緒に見えない舌を出す。

 来月、主席でこの学院を卒業する予定の彼にはもう、授業や試験は退屈以外の何ものでも無い。

 教師の声は右から左へ抜けていく。

 卒業した後は実家のある皇国に戻って軍に入る予定だ。

 もともとそういう約束で学院に留学した。これはご先祖様の言いつけで、レイリーのみならず一族の男子はこの道を辿らなくてはならない。

 顔も知らない故人の遺言を延々守り続けるのは正直どうかと思うところもあるレイリーだが、これといったやりたい道もなく。父や兄のすることを真似ていたら神童なんていわれ、余計に逃げ出しづらくなってしまった。

 実家からの情報によれば、近頃皇国は魔術士の増員を図っているようだ。

 皇国はもう何十年、いや数百年単位で外と戦をしていない。目の上のコブだった王国が得体の知れない魔属領の防衛網と化してしまい、以来目標を無くした彷徨い人のように力を持て余している。共和国にはさすがに手を振り上げられない。

 長らく軍縮傾向にあったのだが、それが魔術士にしろ、増員だという。

 きな臭い感じがするのは否めない。

 ……なんだか楽しいことになりそうじゃない?

 学院の授業に実践はあっても実戦はない。練習相手は血を流さないし、最初から息をしていない。

 模擬戦として生徒同士で競いあうこともあるが、それらは立ち会いの教師が会って成り立つ。教師の目がひかるところで無茶なことはできないし、そんな生徒もまたいない。

 決して血なまぐさいことが好きなわけでなく、自分の実力を正しく計れる機会にめぐまれそうなことがレイリーをわくわくさせるのだ。

「――レイリーいるか」

 教室の入り口から自分を呼ぶ声が聞こえ、顔をあげる。知らぬ間に授業は終わっていたらしい。

 戸口の所に立つ生徒に一瞬、教室中の視線が集う。

 中性的でやや甘い顔立ちながら、体つきは平均的な共和国男子がそこにいる。ちなみに共和国の人間は男女とも、同世代の皇国の人間と比べて頭一個ぶんほど小柄な傾向にある。

「ウル」

 レイリーは席を立った。

 ウルは隣のクラスだが、寮の部屋が近かったり選択科目が同じだったりでしたのがきっかけで仲良くなった。休日に一緒に街をぶらついたり、暇があれば魔術や向こう側に対する互いの見解をぶつけあえるくらいには親しい間柄だとレイリーは思っている。ウルもそうだと感じていると思いたい。

 そのウルが、いつもなら戸口で待ったりせず教室の中まで入ってくるというのに、妙に表情が硬い。

 いや、兆しはあった。いつからだったか、一緒にいるときふっと表情が翳る時があった。最初は気のせいかと思った。でも続くからどうしたのかと訊いてみても、答えは「どうもしない」とだけ。

 嘘だ――そうは思っても指摘する勇気は無かった。友人としては寂しいが、きっと今は一人で考えたいのだ。愁いが晴れた暁には、教えてくれるだろう。

 レイリーはもどかしい想いでその時を待っていた。

 けれど卒業まであとひと月まで迫ったのに、ウルの翳りは消える気配がない。

 卒業すれば、レイリーはここを出ていく。ウルは共和国の人間だ。もう会うことは会うことはないかもしれない。ひょっとしたら、敵になる可能性だってある。

 やはり出自の違う自分では真の友人にはなれないのか。

 近頃はそんなことを考えるようになって、いつか彼にぶちまけるんじゃないかと、一緒にいながらレイリーはいつもひやひやしていた。

「どうした、ウル?」

 ウルは腹を括ったように勢いよく俯けていた視線をあげた。

「……話がある」

「お、おう」

 ついにきたか。

 ずっと待っていたはずなのに、いざその時が来てしまうと緊張がはしる。いったい今からどんな告白をされるのか。

 レイリーは我知らず乾いた唇を舐める。

「ここじゃ目立つから、場所を変えよう」

 そう言ってウルは辺りを憚るように小声で言うと、ウルはレイリーの腕を掴んだ。

「お……っ、ちょっ」

 いつになく積極的な行動に驚くレイリーはなすすべなく、引き摺られていく。体格差を見れば弟が兄を引き摺っているようなものだ。そんな二人を物珍しそうに眺める学生達など気にもならないのか、ウルは廊下をずんずん進んでいく。

 どこまで行くのかと思えば、そう遠くもない。階段の踊り場だ。

 けれど目的地に着いてもウルは手を離さない。離してしまうことを恐れているみたいで、そんな子供じみたことをするようなやつだたったろうかとレイリーは眼前の人物を訝しむ。

「ウルさん?」

「……おまえは卒業したら、共和国ここにはいない」

「そう、だな」

 突然始まった事実確認に、そうとしかレイリーも言葉を返せない。

 けれどそれはウルの決意を後押しするに充分な返事だった。悲壮な決意を秘めた、強い眼差しでウルはレイリーを見上げた。

「俺も連れてって」

 なにかとんでもないこと言われたが、幻聴か。

「ウル、もう一回言ってくれる?」

「俺も連れてってくれって言ったんだ……っ」

 訊き返されたのがとんでもなく恥ずかしかったのか、ウルは耳まで真っ赤にして、早口に言い募った。

「もしかして、もしかして、さ。最近ずっと悩んでたのは、これ?」

 ウルが小さく頷く。

「……卒業したら進路が別れるのは当然だと思ってたから、そんなに深刻に考えたことはなかったんだ。だけど段々その日が近づいてきて、おまえとはもうこれきりなのかもと考えたら、なんか嫌な気持ちになったんだ」

「ウル、」

「お前ともっと色んな話したいし、この先、お前ほど話の通じる奴に出逢えるかどうか。出逢ったとしても、おれはきっとそのときおまえを思い出すだろうし、比べもするだろう」

 ウルが、まだ離さないレイリーの腕をぎゅっと握りしめる。正直ちょっと痛いけれど、言える雰囲気じゃないことくらいレイリーにも分かる。

「失うくらいなら、おれはおまえと共にありたい」

 それがウルが悩んで悩んで出した結論なのだろう。内に秘めるでなく、こうしてレイリーにぶつけてくれた。

 ぞくぞくとレイリーの背筋を喜びが駆け抜けていく。

 欲しかった答えが今、ここにある。

 ウルの願いこそ、本当はレイリーの中にもあったものだ。悩んで選んだウルと違って、レイリーはその感情に自分で蓋をして、諦めていたけれど。

「……きっと、楽しいことばかりじゃないぞ?」

 どうしようもなく、予感だけはあった。

「いい。おれが決めたことだ」

 ウルの瞳は、声は、揺らがない。

 ……ああ、これこそ僕の好きなウルだ。

 自然と身体が動いた。ウルがびくりと後退るにかまわず、ちょうど拘束もとけて両腕で彼を抱きしめる。

「レ、レイリー?」

 腕の中で戸惑いの声を上げるウルがおかしくて笑う。

「共に、って言ったのきみだろ」

「そう、だ、けど――」

 ……ああ僕はこんな愛おしい存在を、捨て置くところだったんだな。

 しみじみと腕の中の温もりを確かめる。

「……嫌って言っても離さないぞ?」

 それでもいいのか、今ならまだ間に合うぞ。そう言外に滲ませて問いかける。

「主席さまが何を小物みたいに怯えている?」

「……怯えてない。最終確認だ」

「ほんとうか?」

 挑発するように上目遣いに見てくるウルにかちんときて、小賢しい唇に唇を押しつけた。

「!」

 逃げる頭に手を回し、無理矢理唇をこじ開けて舌をねじ込む。逃げる舌を追いかけて、絡め取る。ウルの口端から溢れた唾液が伝う。

「……んんっ」

 突っぱねるようにウルの手が繰り返しレイリーの肩や胸を押す。けれどレイリーの腕の拘束は緩まず、舌の動きは執拗で、酸欠か頭がくらくらしてきた。

 腔内で動き回る舌は巧みで、ただ苦しいだけじゃなくて、ウルに快感もちゃんともたらしている。

 頭の片隅で心地よさに溺れていたいと思う。

 ……ああだめだ。

 冷静な自分が場所を弁えろと告げていた。

 埒があかないと判断したウルは、レイリーの爪先を靴越しに思いきり踏みにじった。

「ぃ……っ!」

 声にならない悲鳴をあげ、レイリーがウルから離れた。痛みを堪えるようにその場にしゃがみ込む。

「調子に乗るなよ、ここがどこだか忘れたわけじゃないだろうな?」

 見下す瞳に、レイリーはぞくぞくした。知らなかったけれど、自分にはそんな性癖もあったらしい。

「それ、ここじゃない場所で続きをやろうぜってお誘いと受け取っても?」

「……言って欲しいの?」

「おねだりされて嬉しくない野郎はいない。だろ?」

 さもありなんと、ウルは肩を竦めた。

 

 

 

 

 ※※※

 

 王城から煙があがる。城下の人間は惚けたようにそれをみつめた。

 踏み荒らされた石畳は城へと続く。

 折れた剣が、槍が、死体と共にうち捨てられている。城から立ち上る煙は風に流され、城下に灰を降らす。

 逃げ遅れ、しかしまだ命あるものは言葉もなく城を見つめた。

 ――終わった。

 誰の心にもその想いがあった。

 長らく栄えた王国に終わりの時が来た。

 今潰えた――本当はもうずっと昔から壊れていたのだけれど、国民はそんなことを知らない。

 

 

 ※※※

 

 

 ――あれは確か魔属領なんてものができる前の日だった。

『ザクロ、ボクは王国を出るよ』

 これからお散歩に出かけるみたいにさらりとカルナが口にした。そんなのはいつものことだからぼくは驚かない。というか、カルナが何を言っても、よほどのことでないかぎり動揺なんてしないかな。

 だってぼくの価値観と人間の価値観は違うからさ。

《お仕事、やめちゃうの?》

『そうだねえ、なんだか楽しいところじゃなくなっちゃったからなあ』

《そっか、わかった。うーんとおいしいものあるといいな》

 そう言ったらカルナは珍しく驚いた顔をした。あれあれ? ぼく変なこと言ったかな。

『ザクロ、ついてきてくれるの?』

《え、一緒はやだった?》

『そんなわけない。ただ、王国を出たら契約切られるのかなって思っていたからね』

《ザクロがどこにいようと関係ないよ。ぼくはきみとけーやくしてるんだ》

 きみがいいから契約するんだ。

 この辺の感覚は人間にはちょっと分からないかもね。ぼくらにはもう息をするみたいに当然の感覚なんだよ。

『そう……。じゃあ、ちょっとお願いしてもいいかな』

 もちろんだとも。カルナのお願いをぼくが断ったりするもんか。

『……もし何十年何百年王国が続いて、その時まだアルカが囚われているようだったら、ボクの子孫に力を貸してやって欲しいな』

《んんん? どーゆーこと?》

『ボクにはどう足掻いても主席になる力は無いし、ちょっとやそっとの努力であいつの仕掛けた魔術はとけないだろうからね。ボクはボクの子孫に賭けてみようと思うんだ。ザクロの力を十二分に引き出せるやつが生まれたら、力を貸してあげてよ』

《アルルカのこと、助けたいんだ?》

『うーん、どうかな? こんなの柄じゃないと思うんだけど……。ウィスクのやることはちょっと度が過ぎていると思うからねー』

 途中までは面白かったんだけど、とカルナは言葉を締めた。

 人間の好きって気持ちはぼくにはむずかしくてよく分からないけど、カルナがアルルカのこと嫌いじゃないのはわかってるつもりだよ。

 傍観してたら手を出せる段階じゃなくなっちゃったんだよね。

 それでも何とかなるだろうって高を括ってたら、どうにもならなくなっちゃった。

 たぶんカルナが感じてるのは「良心の呵責」とかいうやつなんでしょう? だかららしくないことしたくなったんだよね。

 ……だけどそんなきみがぼくは大好きだから。

 

 

 ねえ、カルナ。

 きみのお願い叶えたよ。

 きみのお願いが叶うようにぼくもがんばったよ。

 ぼくの力を十二分に引き出せるやつってきみは言ったけれど、ぼくはずっときみの子孫を見守って、手も貸してきた。

 ううん、それだけじゃない。皇国が王国を倒せる時もちゃんと見極めた。

 きみがいたら、よくやったってぼくにこれでもかってくらいおいしいものをご馳走してくれたかな。

 淋しいけどそろそろきみをこちらの理《ことわり》に返して上げるね。

 きみは願いの代償としてぼくに食べていいよっていったけど、残念だけどぼくの好物じゃないし、たとえそうでも、ぼくは魂《きみ》を食べたりしないよ。

 あ、そうそう。お願い叶えたからっていきなり手を引いたりしないしないから安心してね。

 それじゃあね、カルナ――。

 

 

 

 

 ※※※

 

 

 王国の瓦解と共に、長らく存在した魔属領までもが消失した。

 調査の結果、魔属領の発生そのものが仕組まれた、王国による自作自演であることが判明した。

 また王家の血の問題も明らかになり、皇国による王族狩りが行われた。

 王城から煙が立ち上ってから三ヶ月後。

 王国は、周辺各国を交えた講和会議の場で正式に皇国に併合された。

 

 

 皇国の進軍に大いに貢献したのは、あの名高い共和国の学院で学んだ、若い二人だったという。